{CakePHP}CakePHPの導入

適当に突貫工事でつくったflickrデータのviewerサイトをCakePHPでMVCモデルをきちんと使って設計しなおしたいと思います。 CakePHPはwebフレームワークのひとつです。MVCモデルを使ったフレームワークはRailsを使ったことがありますが、Cakeは初めてです。 ということで、ダウンロードから。 環境等 win 10(32bit) CakePHP 3.6.5 PHP 7.2.2 Apache 2.4.29(win32) Composerのインストール https://book.cakephp.org/3.0/ja/installation.html こちらの公式インストールガイドに書いてある通りではあるんですが、CakePHP3はzipでダウンロード…ができないようです。 Composerというツールを使ってインストールする必要があるため、まずComposerの導入から始める必要があります。 以下のURLから、Composer-Setup.4.8.0.exeをダウンロード、案内に従ってインストールします(Wondowsの場合)。 https://github.com/composer/windows-setup/releases/ プロキシ等は特に設定せず、Nextをひたすら押していけば完了です。 ホームディレクトリにComposer.pharというファイルができています。 最後に、このComposer.pharをApacheのドキュメントルート(ここではC:\xampp\htdocs)に移動させておきます。 $move comoser.phar C:\xampp\htdocs Composerのインストールは完了です。 CakePHP3のインストール Composerのインストールが完了したら、コマンドプロンプトからComoser経由でCakeをインストールし、aacheドキュメントルート内に新規プロジェクトを作成します。 $ cd C:\xampp\htdocs $ php C:\xampp\htdocs\composer.phar create-project –prefer-dist cakephp/app my_app_name my_app_name部分が自分のwebアプリケーション名となります。今回はkeyviewerという名前にしてみました。 実行すると、ずらずらとインストール状況が表示され、最後にこのように表示されるとインストール完了です。 途中、Set Folder Permissions ?と聞かれますが、ここはひとまずデフォルトのままにしておきます。 作成されたプロジェクト(ここではhttp://localhost/keyviewer/)にアクセスし、以下のように表示されれば成功です。 この中に色々設定したり書いたりしてWebアプリケーションを作っていくことになります。 今日はここまで!